録音屋のこだわり


歌を録音するということ

歌を録音するということは、ただ声を録音することとは違います。

声を録音するだけであれば、いいマイクがあれば誰でもできることでしょう。

録音屋が録音するのは「歌」です。

歌は生き物のようだと考えています。

バックのオケと馴染ませなければいけませんし、音楽のジャンルによって使うエフェクトや声の質が全然変わってきます。

その一つ一つの個性を録音して、大切な楽曲を仕上げるお手伝いをさせていただいております。

アーティスト目線でのレコーディング

レコーディングスタジオでは歌を録音するという業務がありますが、

アーティストからすればそれは業務ではなくて、自分の作品を作る創作の一部だと思います。

私たち録音屋は常にアーティスト目線に立って、同じ気持ちでより良い作品を作りたいと思っています。

だから業務的な歌の録音ではなく、一緒に作品を作るスタッフの一員なんだということを常に心がけています。

楽しく笑いあえるアーティストとエンジニア

常に良い作品は笑いの中から生まれると考えています。

どんなに真剣に作業をしていても、緊張する重苦しい雰囲気では良い歌は録音できません。

アーティストとエンジニアが自由に思ったことを話せて、楽しい雰囲気であること。

それがレコーディングにおいて最も大事なことではないかと考えています。

もちろん歌を録音するときには真剣に、でも録音していないときは和やかにを心がけています。

格安レコーディングでアーティストを支えたい

レコーディングスタジオは高いという常識を壊したい。

録音屋を始めたきっかけです。

大手の事務所に入った限られたアーティストにだけしか良いレコーディングができないのはおかしい。

売れてなくても本気で良い曲を作るアーティストは沢山いるはず。

ではそんなアーティストのために本当に格安で良いレコーディングを提供できないか?

そんな思いから録音屋は始まったのです。

確かに大手事務所が使う高級なレコーディングスタジオほどの機材は使えませんが、それでも有名アーティストの音源に負けないクオリティの音源を今まで沢山制作してきました。それは売れてなくても素晴らしい曲を歌うアーティストを全力でサポートしたいという思いがあるからです。

アーティストとの出会いを大切に

当店をご利用いただけるアーティストは、プロから素人まで様々です。

その中でも特に精力的に活動されているけどまだ世間に認知されていないアーティストもたくさんいます。

私たちはそんな原石のアーティストたちがこれから有名になっていくためのお手伝いができればとても嬉しく思います。

だから偶然にも当店で歌の録音や編曲をご利用いただけたアーティストとの出会いを大切にしています。

もしオーディションや有益な情報があればそんなアーティストにお伝えしますし、ただの客とお店ではなく、信頼しあえるアーティストとエンジニアの関係を築いていけたらいいなと思っております。

シンガー、ヴォーカルユニット、弾き語りのレコーディング、楽曲オケの制作お任せください♪
大切な曲だから、大切に扱う。